実録鬼嫁日記~涙のスロット編~
yugure.exblog.jp

小遣い無しのサラリーマンが、スロットで頑張っています
2005年 05月 12日 ( 1 )
運気
「運」

ギャンブルにおいて、重要なファクターの1つと言われているのが「運」

高設定を掴んでも、運が悪ければ負けるだろうし、
逆に設定が悪くても、運さえよければ勝ててしまう。

しかし、この「運」を思いのままに操ることが出来ないのが悲しい現実。

しかも、やっかいなことに「運」という要素は目に見えない。

「あぁ~、俺は運がよかったな・・・」

そう思うのは、実際に目に見えるような体験をした時である。

宿題をを忘れ、あたふたしてたら担任の先生が風邪で休みだった。
写真指名無しで、キレイな女性に当たった。

まぁ、こんなとこだろう。



かつて、大威震八連制覇を制した、男塾1号生筆頭「剣 桃太郎」が
こんなセリフを言っていた。

「運」ってやつには流れがある。
その流れである「運気」をいかに長く持続させ、こちらに引き寄せるか?
これが勝負の分かれ目なんだ・・・

スロットで大勝ちをした翌日というのは、自分を見失いがちだ。

昨日は10万勝ったから、今日は3万負けても問題ない。

そうやって、吉宗やビンゴを打ってしまう人もいるだろう。

俺が思うに、ここで負けてしまうのは、ある意味必然的なことだ。

負けを覚悟で・・・って時点で、すでに心は負け戦。

自ら引き寄せた運気を、みすみす手放すような行為じゃないかと
俺は思う。

大勝ちした翌日だからこそ、俺は普段以上に堅く攻めたい。

長い前ふりだが、俺が今日はジャグラーを打ってる理由はそんな考えからだ。

一進一退の勝負をしている俺に、「いたちか嬢」からメールが入る。

いたちか「適当に座った北斗&ハットリ君で9000枚出ました(・∀・)

私・・・

ハットリ クンニ 夢中です(*´д`*)ハァハァ」


カズマ「ハットリ・・・クンニ(゚Д゚;)・・・・」


ここで、俺の何かがプチンと切れた・・・


カズマ「俺も、ハットリ クンニ(∀・∀)アヒォォ!!!!!」

回数の付いてるハットリ クンニ着席。

投資10KでBig

d0015754_1031592.jpg


13GでBig→87GでReg→130Gスルー

ダメだ、勝てる気がしねぇ(゚Д゚;)

コインを抱え、店内をウロウロ。



かつて、大威震八連制覇を制した、男塾1号生「富樫 源次」が
こんなセリフを言っていた。

「マスラオの マスせんずれば 若き血潮 ほとばしり じっと手を見る」

意味は分からんが、何だか熱き血潮がたぎってくる。

ファラオだ( ゚д゚)

持ちコインでファラオラッシュに突入するも、下皿満杯で終了(;´Д`)ウウッ…

d0015754_10133060.jpg


全部飲まれる頃、店内には「蛍の光」が静かに流れ出す・・・

どうやら俺は、自ら運気を手放してしまったようだ_| ̄|○

今日の収支 かませ犬で死んでいった独眼鉄と同じ涙を流す('∀`;)
[PR]
by kazuma20020701 | 2005-05-12 09:33