実録鬼嫁日記~涙のスロット編~
yugure.exblog.jp

小遣い無しのサラリーマンが、スロットで頑張っています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
心の余裕
残業を終え、時計を見ると時刻は既に夜の9時過ぎ・・・

どうすんべヽ(´~`;)ノ

これから張り切って稼動に行く時間じゃないし・・・

仕方ない、近くの駅前を覗いてみるか( ・ω・)

帰り道に通る駅前なのだが、お店を覗くのは半年ぶり。

期待せずにお店にGO⊂(´∀`⊂⌒`つ

店内をウロウロしてると、良さげジャグラーが空きに!


ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!


台を確保して、いざ打とうとすると・・・

若者「すいません・・・その台、俺が狙ってたんです。」

カズマ「??(`Д´≡`Д´)??」


おじさん意味が分かりません。


狙ってた?

だからどうなんだ?

そんなもん、みんなが狙ってるだろ。

カズマ「台には何も置いてなかったけど・・・」

若者「いや、自分トイレ行ってて・・・
その時に、ちょうど空いちゃったみたいで・・・」


おじさん意味が分かりませんヽ(´~`;)ノ


理不尽なことを言ってるが、なぜだかやけに低姿勢。

「ごめんなさい!」って言いながら、カイジを見捨てた2人みたいだ(汗)

若者「俺、今日は負けられないんです!」

いや、あんたの事情なんか知らんがな(・∀・;)

とは思ったものの、時間はすでに夜の9時過ぎ・・・

獣王の6ならまだしも、奪い合うのはジャグラーの高設定。


何だか虚しくなってきた・・・・・


カズマ「いいよ、あんたが打っていいよ・・・」

若者「ありがとうございます!」


喜んでお礼を言う若者を見て、何とも言えない気持ちになった・・・


これが今の若者事情というか、スロプロが生きていくには
苦しい時代なんだと改めて実感。


「ギャンブルで、心に余裕が無くなったら負け」


この言葉を、今の若者に伝えたい・・・

稼動無し
[PR]
by kazuma20020701 | 2005-05-31 10:15