実録鬼嫁日記~涙のスロット編~
yugure.exblog.jp

小遣い無しのサラリーマンが、スロットで頑張っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
情報交換
スロットは刺身と同じで鮮度が大事。

状況の良いお店を見つけたとしても、時期を逃せば美味しくなくなる。

俺は、なるべく多くの人と話しをし、
美味しい刺身を素早く食えるように努力をしている。

今日も、スロプロS君と情報交換(*´∀`)ノ


カズマ「最近どう?順調に勝ってる?」

S「いやぁ、やっぱ厳しいっすね!
新台がショボイから打ちたくないけど、他に打つ台ないから
仕方なく打ってるって感じです。」

カズマ「へぇぇ、新台も打ってるんだ。
押忍!番長とか?」

S「それ、この前打ちましたよ(苦笑)
面白いけど、プロ向きの台じゃないですけどね。」


やはりプロも厳しいのか・・・


朝から打てるプロが厳しいならば、夕方からしか打てない
サラリーマンはもっと厳しい。

厳しいけれど、何とか勝たなきゃいけない。

小遣いを稼がないといけないのだ(;´Д`)ノ


さぁ、今日も会社帰りにパチンコ店。

最近は、いつも通うお店ではなく、某繁華街のお店がメイン。

繁華街という土地柄のせいか、けっこう美味しいG数で捨ててあることが多いのだ。

もちろん、いつでも落ちてるわけじゃない。

最近は、貯玉でパチンコを打ちながら
たまにスロットのシマを覗いてみる。

打てそうな台を見つけたら、パチンコをヤメてスロットに移動。

何だかセコイ立ち回りだなぁ('A`)


以前は、高い時給を見込める台を延々と探し、
それを短時間で一気に稼ぐ。

そんなスタイルだったが、今の機種ではそうはいかない。

最近は考えを変え、安い時給でもいいから
稼動を増やしてダラダラ稼ぐ。

そんな考えに変えてきている。

貯玉のパチンコもその一つ。

ボーダーは、3~4回転と安い時給だが、
打つ時間が多ければ、とりあえずは稼ぎになる。

CRウッチャンナンチャン(1/109で1/2確変 4R継続 時短50回)
を打ちながら、スロットのシマをたまに偵察。

850個打ち込んだところで、見事に確変大当たり!

d0015754_2319285.jpg


これが4連チャン+時短引き戻し!

このタイプは、アツイリーチは本当にアツイから面白いなぁ(´ ∀`)y━~~

2箱まで増えたところで、スロットのシマを偵察。


黄門ちゃまの645G・・・


パチンコをヤメ、黄門ちゃまに移動。

924GでReg_| ̄|○

d0015754_23201250.jpg



でも、確変突入!

d0015754_23194091.jpg


ムヒョォォォォ!ヽ(゚∀゚)ノ今日は勝ったな!



Reg→Reg確変終了→87GでReg→78GでReg→128Gスルー


負けてるじゃねぇ~か_| ̄|○



確変の時点で、今日の勝ちは決まりと思ったんだけどな(´・ω・`)



帰り道、夜空を見上げて、こんな言葉を思い出していた・・・




「勝った!と思った瞬間に負けてんだよ」



昭和の凄腕ギャンブラー
刈谷喜八郎先生の名言である


ギャンブルは奥が深い
[PR]
by kazuma20020701 | 2005-08-03 23:20